歯磨き粉の選び方!歯磨き粉の本来の役割について 必見!!!!

Check-Up-ルートケア-フッ化物配合ジェル歯磨き

みなさんこんにちは!みぞこし歯科スタッフ岩永愛子です!

今日は歯磨き粉のご紹介をします!

皆さんお口の衛生グッズを購入するときに悩むのが歯磨き粉の選び方だと思います!いまやドラックストアへいくと沢山の歯磨き粉が陳列してあり、迷ってしましますよね。しかも値段もピンからキリまで様々です。値段が高い歯磨き粉なら歯にいいのか?そのような質問もよくあります。そこで、そんな疑問を解決する「歯磨き粉の選び方」特集をしようと思います!

歯磨き粉の本来の役割について

まずは一般の人が歯磨き粉に求めるものは何でしょう?そして本来なぜ歯磨き粉が使用されるのでしょう?また本当にテレビCMでいわれるような効果はあるのか、ご説明します。まず一般の方が歯磨き粉に求める効果としては以下のことがあるでしょう!

1、歯磨き粉で汚れがおちるようになる

2、ホワイトニング歯磨き粉で白くなる

3、口臭がなくなる

4、歯茎が引き締まる

5、虫歯が予防される

6、すっきりする

と、だいたいこのような内容だと思います!では、歯磨き粉で本当にそのような効果が得られるのでしょうか?私なりに1~6について解説していきます。

 

1、歯磨き粉で汚れがおちるようになる

同じ人が同じ条件で歯磨きをしたとします。ただし、歯磨き粉をつけるのとつけないという違いだけで汚れの落ち方をチェックするとどうでしょう!歯磨きにより落とすべきプラークの除去率はほぼかわらないという結果になりました。私調べの結果ではなく、もっと大きな研究機関での調査による結果ですが、私自身、本来プラーク除去には手技(歯ブラシの当て方・動かし方)によるものが一番大切だと思うので、歯磨き粉を付けたからといって、プラークの除去ができるわけではないと思います!

 

2、ホワイトニング歯磨き粉で白くなる

自身が白くなるためにはエナメル質の一層内側の象牙質に作用して黄色味を抑える必要があります。それをホワイトニングといいます。歯磨き粉によって得られるホワイトニング作用とは、あくまで表面のエナメル質の着色除去でしかありません。それはほとんどが研磨剤によるものです。研磨剤で着色を落とす=歯を削る=傷つく...歯茎が痛む=歯茎が下がる=しみる...繰り返すとどうなるかわかりますか?冷たいものがしみて痛み、年齢の割にひどい歯周病のように歯が長く不格好になり...色々よくないことあります!

 

3、口臭がなくなる

でました口臭!!口臭の原因を皆様ご存知ですか?ちょうどみぞこし歯科のHPにはしっかりと書いています、口臭の原因!(ちなみにこちらです)それを見ていればご理解いただけるでしょうが、簡単な話、一番はプラークと歯周病です。どちらも菌です!歯磨き粉によって口臭を発するほどのそのプラークと歯周病がなおれば効果ありですね。しかし1、でものべた通り、歯磨き粉自身によって汚れ(プラーク)が落ちるのかというとそうではありません。歯磨き粉によっては除菌作用があるものがありますが、そのようなものなら殺菌効果により歯周病の予防、口臭の軽減にもつながります。あくまで予防!発症した歯周病はそう簡単に止められません。みぞこし歯科で待っています(^^♪歯周病についてはこちらです!

 

4、歯茎が引き締まる

たまにあるのが「私は長年、塩歯磨きしてるの!いいですかね?」という質問です。「ん~塩分の過剰摂取ってきになりますか?」という話になります。お口の粘膜は塩分含め色んなものを吸収しやすい組織だといわれています。喉から微量であっても飲み込むこともあると思います。

 

5、虫歯が予防される

むし歯予防効果が高いもので歯磨き粉によく含まれているのがフッ素ですが、歯を強くするという意味ではフッ素は必要だとおもいます。またひいては知覚過敏の予防にもなるので、フッ素の歯磨き粉はおススメです!ただしフッ素配合と書いてあってもどれぐらいの濃度のフッ素が入っているかは歯磨き粉によってかなり差があります。

 

6、すっきりする

ブクブク泡がたつ歯磨き粉を使うとスッキリしますよね?泡がたつときれいになったかのように感じます。ですがそれが大きな落とし穴です。使用感としては満足でも、本当はちゃんとキレイになっていないのに、キレイなったような錯覚を起こすのです。泡によってキレイにはなりません。よって、泡は本来別に必要がないわけです!では泡はどうやってたつのか、それもお伝えしておきたいポイントの1つなのですが、歯磨き粉の成分を見ていただいて、ラウリル硫酸ナトリウムというのが発泡剤です。そのラウリル、体には猛毒なのです!メダカは死ぬそうです!前に述べた通り、お口の粘膜は物質を吸収しやすいので、この毒が体内に入るのは勿論です。アレルギーの原因にもなるとか一説では聞いたことがあります!平気で小児用の歯磨き粉にも入っているから怖いです。

 

 

さて長々と歯磨き粉に求める効果についてお話をしました!

じゃ結局何がいいのか?早く教えて下さいって思いますよね(^_^;)もう少しお付き合いを!上記を踏まえて、歯科衛生士の私が思うのは、

ちゃんと歯ブラシを上手に使って頂いて、尚且つ糸ようじや歯間ブラシをちゃんと使ってください!それなくしてはどんな歯磨き粉を使っても結局その場しのぎの満足感でしかありません!

なんなら私なんて時には自分の舌で磨けているかをチェックするために素磨きします!

汚れを取ることやスッキリ感を歯磨き粉に頼らず、本当の意味でのスッキリを体験して下さい!

歯磨きとは勿論虫歯や歯周病の予防のためです!歯ブラシや補助的な清掃用具の基本なくしては予防なんて絶対絶対絶対にあり得ません(*`へ´*)本当です!その上でならオススメの歯磨き粉ご紹介しますよって話です!それをすっ飛ばしたら歯磨き粉の効果もありませんから。

ちゃんとできる人にはプラスαで歯にいい歯磨き粉教えてあげます♪しかも虫歯の予防になったり口臭を防げたり、歯周病の予防効果がちゃんとあり、尚且つ体に悪いものが入ってないやつを♪♪

ではようやくオススメしたい歯磨き粉の話をしていきます!

 

理想の歯磨き粉の選び方

1、研磨剤が含まれていない又は過剰に入っていないもの

2、発泡剤(ラウリル硫酸ナトリウム)が入っていないもの
3、殺菌作用があるもの
4、口臭を防げるもの
5、フッ素が入っているもの
6、飲み込んでも平気なもの

全てを平等に兼ね備えているものはないので、上記の中で、例えば歯周病型なのか虫歯型なのか、更に知覚過敏などのシミがあるか、味や風味の向き不向きで選んでいきます!現在みぞこし歯科でも7種類くらいの歯磨き粉を取り扱っていますが、患者様のお口の状態によってオススメはかわります。

今回オススメする歯磨き粉

Check-Up-ルートケア-フッ化物配合ジェル歯磨き

こちはの歯磨き粉の特徴はフッ素の濃度が高いということです!上記でも解説した通り、フッ素のおもな作用は虫歯予防と歯質強化です!

 

1、歯周病やブラシの圧により歯茎が下がり根っこが露出した人にオススメです
2、露出した根っこの虫歯予防に効果的(根っこは虫歯になりやすい)
3、根っこは研磨剤で簡単に削れるのでそんな根っこに優しい研磨剤無配合!
4、少ない泡立ち(体にも優しい)
5、個人的な意見としては味がいい!(おいしかったです!)
6、ブルーのペーストで量が見やすいため過剰な仕様の防止ができる
虫歯型で根っこの露出がある方や、知覚過敏のある方にオススメな歯磨き粉です!
使い方の特徴と説明
しっかりと洗口せず、軽く洗い流して、フッ素やコーティング成分を、お口にとどめるのがポイントです!オススメの使い方としては、はじめに素磨きで歯ブラシ・糸ようじや歯間ブラシをしてもらう。その後お口にをよくゆすぐ。その後歯ブラシに小量のチェックアップルートケアをだして、歯全体に軽くブラッシングする。その後は軽く一口(15ml程)のお水をふくみ、あまりぶくぶくせず軽くゆすいで吐き出す。洗口は一回のみ!
容量は90g
料金は900円で販売しております(^-^)/
歯がしみる方、根っこが露出している方、虫歯予防したい方、オススメです!

最後に

長い文章にお付き合い頂いてありがとうございます!歯磨き粉特集の第一弾となりましたが、つい熱くなり色々と語りました!第一弾ということは今後連載予定です。ご紹介予定の歯磨き粉は今の予定では以下の商品です。いずれもみぞこし歯科で購入可能です!今後の歯磨き粉特集も是非見てください!

ご紹介予定の歯磨き粉
・コンクールシリーズ
・オーラルピュア(NEW!!
・子供用歯磨き粉